産経ニュース

【激動ヨーロッパ】対米貿易摩擦を「休戦」に持ち込んだEU 大豆・LNGでしたたか交渉術

ニュース 経済

記事詳細

更新

【激動ヨーロッパ】
対米貿易摩擦を「休戦」に持ち込んだEU 大豆・LNGでしたたか交渉術

 欧州連合(EU)が米国との貿易摩擦を「休戦」に持ち込んだ。EUが表明した米国産大豆や液化天然ガス(LNG)の購入拡大には「譲歩」との見方もあるが、実際には新たな取り組みは約束しておらず、したたかな交渉術をみせつけたともいえる結果。とはいえ関税撤廃などをめぐる米欧間の今後の交渉は難航必至で、「終戦」に向けた道のりは険しい。(ベルリン 宮下日出男)

 「これこそ欧州と米国の市民双方にとって利益となる状況だ」。ユンケル氏をトップとするEU欧州員会は8月1日、胸を張るようにEUの大豆輸入量の統計を発表した。

 統計によると、今年7月の米国産大豆の輸入量は約35万9305トンに上り、昨年同月の4倍近くという大幅増加を記録した。大豆の輸入全体に占める米国産の割合も8・7%から36・5%に一気に拡大し、最大の輸入元であるブラジルに次ぐ2位に躍り出た。

何もせず輸入4倍

 ユンケル氏は7月下旬にワシントンでトランプ氏と会談した際、EUの自動車に対する輸出制限を当面回避する代わりに、米国からの大豆とLNGの輸入を増やす考えを示した。トランプ氏には中国との貿易摩擦で打撃を受けた米農家などの反発が強まっていただけに、この申し出は“助け舟”になったとされる。

 欧州委は統計の発表でEUの“有言実行”を示した形。ただ、米国産大豆の輸入増加のために何かしたのかといえば、何もしていない。企業に特定の物品購入を強要する権限はEUになく、米国産大豆の輸入関税もすでにゼロ。そもそもEUにできることはない。

続きを読む

「ニュース」のランキング