産経ニュース

【経済インサイド】ソニーのホームシアター向け「サウンドバー」 記者が「その場」にいるような臨場感と迫力を体感

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
ソニーのホームシアター向け「サウンドバー」 記者が「その場」にいるような臨場感と迫力を体感

ソニーのホームシアター向けサウンドバーの音響イメージ ソニーのホームシアター向けサウンドバーの音響イメージ

 ソニーが6月に発売したテレビに接続して楽しむ家庭用ホームシアター向けサウンドバー「HT-Z9F」(税別8万円前後)と「HT-X9000F」(同6万円前後)の売れ行きが好調だ。臨場感ある音響で映画や音楽の映像を楽しみたいファミリー層のニーズを取り込んだためだ。ソニーのオーディオ開発拠点である東京・大崎の試聴室でシステムの音響レベルを記者が体感してみた。

 実際に試したのはHT-Z9F。「バータイプ」と呼ばれるテレビの前に置くタイプだ。映画館で使われる最新音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X」に対応し、臨場感のある立体的な音響が楽しめるという触れ込みの最新システムだ。

 普段、音響に全くといっていいほどこだわらない暮らしをしている記者が、そのレベルを体験するためにソニーから視聴を勧められたのが平成27年に公開された映画「エベレスト」。エベレストで実際に起きた大量遭難事故を題材にした映画で、世界最高峰の頂きを目指す中で繰り広げられる過酷な人間ドラマが描かれている。記者が見たのは数分だが、音響システムをオンにすると、通常のテレビのスピーカーでは聞こえない雪の微細な粒が服に当たる音まで鼓膜に響きわたる。雷鳴や地鳴り、激しい風雪の音が前後左右から体を包み込み、まるでその場にいるかのようだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • ソニーのホームシアター向け「サウンドバー」 記者が「その場」にいるような臨場感と迫力を体感
  • ソニーのホームシアター向け「サウンドバー」 記者が「その場」にいるような臨場感と迫力を体感
  • ソニーのホームシアター向け「サウンドバー」 記者が「その場」にいるような臨場感と迫力を体感

「ニュース」のランキング