産経ニュース

自動車、農業折り合わず 日米協議、9月に持ち越し 貿易拡大では合意

ニュース 経済

記事詳細

更新


自動車、農業折り合わず 日米協議、9月に持ち越し 貿易拡大では合意

 協議終了後に記者会見する茂木経済再生相=10日、ワシントン(共同)  協議終了後に記者会見する茂木経済再生相=10日、ワシントン(共同)

 日米両政府は10日午後(日本時間11日)、新たな閣僚級貿易協議の2日目を終え、初会合が終了した。自由貿易協定(FTA)を念頭に2国間交渉を求めたトランプ米政権に対し、日本は多国間の自由貿易を重視する姿勢で臨んだが、自動車関税や農業分野などを巡る議論は折り合わず、結論は9月に予定する次回会合以降に持ち越した。両国間の貿易拡大を目指すことでは合意した。

 貿易協議でライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と討議した茂木敏充経済再生担当相は、初会合後の取材に「協議は継続になり、(個別分野は)これから詰めていく」と述べた。

 トランプ氏は、鉄鋼・アルミニウムに続き自動車への追加関税も検討している。日本は対象から外すよう求めたとみられるが、茂木氏は「信頼の醸成が必要不可欠だ」と述べるにとどめ、除外されるかどうかは見通せない。

 米国は、農業分野でも牛肉などで「不公正な貿易障壁がある」との認識を示しているが、茂木氏は個別分野に関する明言は避けた。(共同)

「ニュース」のランキング