産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新

【西日本豪雨】
マツダ12日生産再開 日用品の支援は拡大

 西日本豪雨の影響で生産を停止した企業は操業再開に向けた対応を急ぎ、マツダは11日、本社工場(広島市・広島県府中町)と防府工場(山口県防府市)での完成車生産を12日から再開すると発表した。一方で、被災地救援に向けた企業の支援の動きも広がり、義援金のほか、物流の混乱で品薄が続く飲料水や食料品、歯ブラシ、水なしシャンプーなど日用品の提供も加速した。

 マツダは7日から休止している2工場について、部品供給や従業員の出勤に一定のめどがついたとして12日に再開する。ただメーカー各社への影響は残り、三菱自動車は水島製作所(岡山県倉敷市)の11日の操業を見合わせ、パナソニックも業務用ビデオカメラを製造する岡山工場(岡山市)の生産が停止したままだ。

 一方、企業の被災地支援の動きは加速している。サントリーホールディングス(HD)は11日、9億円の義援金を拠出すると発表。飲料業界ではキリンも1500万円を拠出する。スーパーやコンビニエンスストア各社は、食料品などの支援物資を継続的に送った。

 日用品業界では、衛生状態改善や暑さ対策用の商品提供が相次いだ。ライオンは、甚大な被害を受けた倉敷市内の体育館に歯ブラシなどを届けた。花王は岡山県の一部自治体に大人用おむつや生理用ナプキンなどを発送。資生堂は、水を使わないシャンプー5千個などを被災地に送る。また電機業界では、三菱電機などがエアコンや扇風機の提供を検討している。

このニュースの写真

  • マツダ12日生産再開 日用品の支援は拡大

「ニュース」のランキング