産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


金融庁長官に遠藤俊英監督局長、森氏は3年で退任

遠藤俊英氏 遠藤俊英氏

 政府は10日の閣議で、金融庁の森信親長官(61)の後任に遠藤俊英監督局長(59)を昇格させる人事を決めた。遠藤氏の後任には監督局の栗田照久参事官(54)が就く。いずれも17日付。長官を3年務め、金融行政の改革を手掛けた森氏は退任する。

 遠藤氏は検査局長や監督局長を歴任。財務省や金融庁内部だけでなく、金融業界からの信任も厚いとされ、次期長官就任への期待が出ていた。

 併せて、新設する総合政策局長に佐々木清隆総括審議官(57)、企画市場局長に三井秀範検査局長(59)を起用する人事も発表した。総括審議官には中島淳一総務企画局審議官(55)を起用する。

 遠藤俊英氏(えんどう・としひで) 東大卒。昭和57年大蔵省(現財務省)。金融庁検査局長を経て平成27年7月から監督局長。山梨県出身。

「ニュース」のランキング