産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


マグロ漁獲枠に追加配分 8月下旬、都道府県別

市場のマグロ=和歌山県那智勝浦町 市場のマグロ=和歌山県那智勝浦町

 水産庁は5日、今月から太平洋クロマグロの大型魚(30キロ以上)の沿岸漁業に設けた都道府県別の漁獲枠について、8月下旬にも追加で配分する方針を示した。国がまだ配分していない留保分の一部を活用する。同日、自民党の会合で明らかにした。

 太平洋クロマグロは資源の減少により、国際ルールで漁獲枠が決められている。水産庁は1日から、これまで全国の漁獲枠のみだった大型魚について、小型魚(30キロ未満)同様に都道府県ごとの漁獲枠を新たに設定し、規制を強化。一方で留保分として約700トンを配分せず、確保していた。

 水産庁は7月末まで各地の漁業者らとの意見交換会を開き、要望を踏まえた上で、詳細な配分方法を決める方針。新たな漁獲枠をめぐっては、沿岸漁業者から配分見直しを求める訴えが相次ぎ、対応を検討していた。

「ニュース」のランキング