産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新

【就活リサーチ】
就活生の職業観 男子も育休取得に前向き

 この1年ほどの間で、働き方改革などにより「働き方」が就職活動を進める上での重要ワードとして一気に注目度が高まっています。就活生を対象とした当社の調査でも、理想の働き方として、「私生活優先(78%)」が多数派を占めました。

 働き方の考え方もさまざまです。仕事の内容や給料を重視する人もいれば、社名や地域を優先する人もいます。就活生から寄せられた声をご紹介します。

 最近は「男性=全国転勤」といったものは常識ではなくなっているようです。「地元の友達と遊べなくなるので全国転勤はイヤ」「バリバリ働くことよりも働きやすい会社で仕事がしたい」と考える男性も増えてきました。その一方、「全国転勤をしながら、キャリアを積むことで自己の成長を促進していきたい」「技術出身の経営陣になりたい」と意気込む女性も多くなっています。

 子育てについての考え方も以前とは異なっています。男性でも子供が生まれたら「育児休暇を取りたい」という回答が70・1%にも上りました。育児にも積極的に関わりたいという意識がうかがえます。女性も「配偶者に育休を取ってほしい」という回答が61・3%で、男女ともに夫婦で協力して育児に取り組むべきだ、という考えが強いことが分かります。結婚、出産を経ても働き続けたい女性にとっては心強いでしょう。

続きを読む

「ニュース」のランキング