産経ニュース

貨物事故の保険金請求、AIで作業が1時間から数分に 東京海上日動が人手不足の業者支援

ニュース 経済

記事詳細

更新


貨物事故の保険金請求、AIで作業が1時間から数分に 東京海上日動が人手不足の業者支援

人手不足が深刻さを増している物流業界。保険請求の迅速化は支援につながるか 人手不足が深刻さを増している物流業界。保険請求の迅速化は支援につながるか

 東京海上日動火災保険が、貨物事故が起きた際に物流業者が保険金を請求する作業について、人工知能(AI)を活用して迅速化するシステムの運用を月内に始めることが7日、分かった。1時間程度かかっていた作業を数分で完了できるようになる。深刻な人手不足にあえぐ物流業者を支援し、保険販売の拡大につなげたい考えだ。

 システムは日立製作所グループの日立ソリューションズ・クリエイト(東京都品川区)と共同開発した。東京海上日動の運送保険の契約者向けに提供する。

 運送中や倉庫内で発生した貨物事故で保険金を請求する際は、貨物の損害状況を写真撮影し、運送記録などの貨物情報と確認し、損害報告書として保険会社に提出する必要がある。しかし、多くの貨物を取り扱う事業者ほど確認作業が煩雑で時間がかかり、負担となっている。

 システムには貨物情報や保険金請求に必要な書類の情報が取り込まれており、スマートフォンなどで撮影した写真を読み取れば、AIが分析して瞬時に写真と貨物情報をひも付けることができる。AIが損害レベルの自動判定も行う。物流業者は作業負担の軽減や保険金の早期受け取りが可能になる。

続きを読む

「ニュース」のランキング