産経ニュース

【森友文書改竄】財務省、調査報告を午後公表 幹部20人前後処分、麻生太郎氏は続投の意向

ニュース 経済

記事詳細

更新

【森友文書改竄】
財務省、調査報告を午後公表 幹部20人前後処分、麻生太郎氏は続投の意向

 財務省は4日午後、森友学園をめぐる文書改竄(かいざん)や交渉記録廃棄の調査報告を発表。関係幹部らの処分も併せて公表し、一連の問題に区切りを付けたい考え。麻生太郎財務相は自らの責任で再発防止策を徹底するとして続投する意向で、辞任を求める野党からの批判が強まりそうだ。処分対象者は本省幹部や近畿財務局の職員など計20人前後となる方向だ。

 調査報告では、改竄は理財局内で行われ、官房や他局の関与はなかったと説明する。当時理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官と理財局総務課長の2人が改竄で中心的な役割を果たしたと認定し、停職相当の処分とする方針。佐川氏は辞任していることから、退職金を減額する。

 このほか改竄に関与した理財局と近畿財務局の職員は、関与の程度に応じ処分する。当時事務次官だった佐藤慎一氏も「懲戒処分相当」と認定する。

「ニュース」のランキング