産経ニュース

【特派員発】「信頼できない」けど「やめられない」 フェイスブック不祥事 上塚真由

ニュース 経済

記事詳細

更新

【特派員発】
「信頼できない」けど「やめられない」 フェイスブック不祥事 上塚真由

 技術革新を重視する米国に対し、プライバシー保護を第一に掲げる欧州。欧州が米IT大手に厳しい姿勢を示すのはこうした文化的な違いに加え、チャクラボーティ氏は、米欧の「覇権争い」があると指摘する。「欧州の政治家や規制論者の間では、米IT企業に欧州市場が独占されていることへの懸念があり、中国のIT企業の台頭で危機感はさらに強まっている。GDPRは、米企業などの活動に影響力を行使することが狙いだ」

 また、中国は国家による個人情報の監視に躍起だ。中国は2017年6月、「サイバーセキュリティー法」を施行、中国で収集したデータは中国で保存することや、海外に持ち出す際には当局による審査を義務づけた。中国による自国データの囲い込みとの懸念は強い。

 チャクラボーティ氏は「米中は人工知能(AI)開発の分野で激しく争っている。AI開発にビッグデータの活用は不可欠で、米国は自らの立場を苦しくするような規制強化に動くのは難しいだろう」との見方を示した。

フェイスブック インターネット上で、人と人をつなぐソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の一つで、ユーザー(利用者)数が20億人超の世界最大の交流サイト。米ハーバード大の学生専用のサービスとして2004年に始まった。実名での登録が原則。無料で利用できるが、利用者の属性を吸い上げて細分化した広告を売りに広告収入を伸ばした。売上高の約98%は広告収入。

このニュースの写真

  • 「信頼できない」けど「やめられない」 フェイスブック不祥事 上塚真由
  • 「信頼できない」けど「やめられない」 フェイスブック不祥事 上塚真由

「ニュース」のランキング