産経ニュース

【Drone Times】PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!

ニュース 経済

記事詳細

更新

【Drone Times】
PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!

 ドローンタイムズが主催する「ドローントークPIT」にゲスト登壇したことがある世界最大級の会計事務所PwCが、社内の新規事業を競う「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催した。勝ち上がった6組による高レベルなピッチや、著名芸術を成分までそっくりに再現するクローンアートのセッションが繰り広げられた。

ピッチの最優秀賞は南アチームとポーランドチーム

 グローバル・イノベーション・チャレンジは、PwCが毎年1回開催している社内のイノベーションのアイディアを競うコンテストで今回が7回目。開催地はヨーロッパを中心に、同社が拠点を構える都市で開催しており、アジアでは今回初めて、東京で開催された。

 ピッチコンテストには74地域から合計2500人による185件の応募があり、このうち6組が東京での晴れ舞台に立った。その結果、ゲーム形式の心理アセスメントツールを発表した南アフリカチームがプロダクト部門で、付加価値税の不正防止システムを発表したポーランドチームが、ソリューション部門でそれぞれ、最優秀賞を獲得した。

 このほか、インドチームが機械学習を活用した費用最適化システム、オーストラリアチームがAI・RPA・ビジネス効率SaaSプラットフォーム、中国香港チームが、製造から流通までを自動化、追跡するブロックチェーンシステム、米国チームが、ブロックチェーンを活用した監査システムをそれぞれ発表し、いずれも決勝にふさわしい高いレベルと内容で会場を唸らせた。

 グローバル全体で新規事業責任者を務めるヴィッキー・ハフ・エッカート氏は、イベントの意義について「組織にイノベーションの文化を根付かせ、デジタル化で変化する顧客ニーズに新たな事業で対応する場になる」と話した。

イベントの意義について語るヴィッキー・ハフ・エッカート氏。同氏はドローンについて、PwCが力を入れる8つの領域のひとつと表明した イベントの意義について語るヴィッキー・ハフ・エッカート氏。同氏はドローンについて、PwCが力を入れる8つの領域のひとつと表明した 世界74地域から集まった185件の応募の中から最終選考に残った6組がピッチにのぞんだ 世界74地域から集まった185件の応募の中から最終選考に残った6組がピッチにのぞんだ

続きを読む

このニュースの写真

  • PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!
  • PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!
  • PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!
  • PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!
  • PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!

「ニュース」のランキング