産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


米政権の狙いは中間選で「勝利」アピール 米中通商協議

17日、ホワイトハウスで話すトランプ米大統領(AP) 17日、ホワイトハウスで話すトランプ米大統領(AP)

 【ワシントン=塩原永久】17日からの米中通商協議で米政権は、中国側から巨額の対米貿易黒字の削減策を引き出した。貿易不均衡の是正を公約とするトランプ米大統領は、11月の中間選挙を控え、対中交渉の「勝利」を有権者にアピールできる。ただ、中国の知的財産侵害を問題視する米議会内には、短期的な不均衡是正を優先する政権の交渉姿勢への懸念も根強い。

 トランプ氏は同日、中国交渉団トップの劉(りゅう)鶴(かく)副首相と面会し、劉氏と握手して満面の笑みをみせた。今月初旬、中国に2020年末までの2千億ドル(約22兆円)の不均衡是正を求めた米政権に対し、1年で「2千億ドルの削減を提案した」(ロイター通信)中国は大幅な譲歩を示した格好だ。

 トランプ氏は13日、中国通信機器大手、中興通訊(ZTE)に対する制裁を緩和する可能性を唐突に示唆。中国が熱望する制裁解除に歩み寄る構えをちらつかせ、中国を米主導の交渉ペースに引きずり込むことに成功したようだ。

 トランプ氏は貿易赤字拡大が「雇用の海外流出を招いた」との見方から、不均衡是正を重視する。中間選の予備選が本格化する中、米貿易赤字の約半分を占める中国から、巨額の不均衡是正策を勝ち取ったと訴える材料になる。

続きを読む

「ニュース」のランキング