産経ニュース

ストレスフリーな究極の着心地を実感できるドレスシャツの逸品

ニュース 経済

記事詳細

更新


ストレスフリーな究極の着心地を実感できるドレスシャツの逸品

動体裁断を施した「INDUSTYLE TOKYO」のドレスシャツ 動体裁断を施した「INDUSTYLE TOKYO」のドレスシャツ

 見た目は普通のドレスシャツ。しかし、ひとたび身体を動かせば、まるで皮膚のようにフィットして着ていることが気にならない。東京・両国の老舗ニット製品メーカーの丸和繊維工業が特許技術“動体裁断”を採用して開発したドレスシャツ「INDUSTYLE TOKYO(インダスタイル トーキョー)」は、ストレスフリーな究極の着心地を実感できる逸品です。<産経netshop>

 通常のシャツは腕を上げると裾も一緒に上がりますが、「INDUSTYLE TOKYO」のシャツは、ほとんど裾が上がりません。これは“動体裁断”という独自のパターンで作られているから。身体の動きにフィットしながら運動を妨げず、着用時に引き吊れを感じさせない驚きの着心地です。動体裁断の実力は、NASAの宇宙飛行士・山崎直子さんが無重力状態の宇宙船内活動で着たポロシャツに応用されたことでも証明されています。

 着崩れたり、動いてもシャツの裾が出たりしにくいので、着丈を短くでき、カジュアルなタックアウトの着こなしも決まります。素材は布帛ではなく、ポロシャツなどと同様に編み上げたニット素材であることから、しわになりにくくノーアイロンで着られ、出張など持ち運びにも便利です。

 ラインアップも豊富で襟の形や素材、長袖、半袖など好みで選べます。ビジネスでもカジュアルでも着こなせるボタンダウン襟の「INDUSTYLE TOKYO ボタンダウンシャツ」と、ノーネクタイでも襟元が形よく開くワイド襟の「INDUSTYLE TOKYO ワイドカラーシャツ」は、いずれも鹿の子生地で、ホワイトとサックスの2色。1万6200円。

 また、吸湿速乾性に優れ、オールシーズン快適な生地「COOL MAX」を使った「INDUSTYLE TOKYO COOLMAX ヘリンボーン」は、ボタンダウン襟でブルーとホワイトの2色。1万7280円。一方、夏に向けて手に入れたい半袖は、ワイド襟の「INDUSTYLE TOKYO ワイドカラーシャツ 半袖」。清涼感のあるさらっとした手触りが特徴のトリコット編みの鹿の子生地を使用しています。ホワイトとサックスの2色。1万4040円。価格はいずれも税込み。

<産経ネットショップ>

「ニュース」のランキング