産経ニュース

武田薬品がアイルランド製薬大手買収で合意、買収額6・8兆円は過去最大

ニュース 経済

記事詳細

更新


武田薬品がアイルランド製薬大手買収で合意、買収額6・8兆円は過去最大

武田薬品工業の東京本社=東京都中央区 武田薬品工業の東京本社=東京都中央区

 武田薬品工業は8日、アイルランド製薬大手シャイアーの買収で合意したと発表した。買収額は460億ポンド(約6兆8千億円)で、平成28年のソフトバンクグループによる英半導体開発大手アーム(ARM)・ホールディングス買収(当時のレートで約3兆3千億円)を上回り、日本企業による海外企業買収で過去最大の案件となる。武田は買収を機に開発力を高め、激しさを増す国際競争での生き残りを目指す。

 武田は国内の医薬品業界では売上高首位だが、世界では17位前後にとどまっている。22位のシャイアーが加われば、連結売上高は30年3月期見通しの1兆7450億円から3兆円前後に増え、順位も日本の製薬会社で初めて10位以内に食い込む見通しだ。

 新たに発行する27・26ポンド相当の武田株と、21・75ポンドの現金を組み合わせて、シャイアーの全株取得を目指す。買収手続きの日程の詳細は今後開示するが、31年6月までに手続きを完了する計画。買収から3年後には、年14億ドル(約1500億円)のコスト削減が可能になるとしている。現在、ロンドン証券取引所に上場するシャイアーは上場廃止となる見通しだ。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング