産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


米中通商協議始まる 貿易戦争回避の転換期となるか不透明

3日、北京市内のホテルを出るライトハイザーUSTR代表(中央)=ロイター 3日、北京市内のホテルを出るライトハイザーUSTR代表(中央)=ロイター

 【北京=西見由章】中国の劉鶴副首相は3日、北京で、訪中したムニューシン米財務長官らと通商問題を協議した。トランプ米政権が巨額の対中貿易赤字や知的財産侵害を理由に圧力を強める中、中国側は緊張緩和に向けた方向性を示したい考えだが、貿易戦争の回避に向けた転換点となるかは不透明だ。協議は4日まで行われる予定。

 米中の通商摩擦をめぐる応酬が3月に激化して以降、双方は水面下で交渉を進めていたが、高官同士の正式な話し合いは初めて。中国外務省の華春瑩報道官は3日の記者会見で、両国の協議を歓迎しつつ「平等かつ相互尊重に基づく交渉でなくてはならず、その結果はウィンウィンであるべきだ」と強調した。

 中国側の交渉責任者を務める劉氏は習近平国家主席の経済ブレーン。米側はムニューシン氏のほか、ナバロ通商製造政策局長やロス商務長官、ライトハイザー通商代表部(USTR)代表らが出席している。

 米側は対中貿易赤字1千億ドル(約10兆9千億円)の削減を要求し、中国に約1500億ドル相当の制裁関税を課す構え。中国は自動車や金融などの市場開放策を示しつつ、ハイテク製品の対中輸出規制が米国の貿易赤字の原因と主張している。

関連ニュース

「ニュース」のランキング