産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


スメハラの季節 気になるニオイは消臭下着で対策を

消臭と冷感を両立したデオエストのアンダーシャツ 消臭と冷感を両立したデオエストのアンダーシャツ

 セクハラ、パワハラ、モラハラなど、近頃は様々なハラスメントが話題になるが、これからの汗ばむ季節に他人事でないのがスメルハラスメント(スメハラ)。汗臭や加齢臭などニオイが気になるなら消臭下着「デオエスト」で対策を考えてみてはいかが?<産経netshop>

 スメルハラスメントとは、ニオイによって人に嫌な思いをさせたり迷惑をかけてしまうこと。電車内や職場など人が集まる空間では、他人の汗のニオイや体臭が気になるが、自分のニオイが他人に不快感を与えていないかは、もっと気になるもの。そんな心配をやわらげてくれるのが、創業127年の総合繊維メーカー、セーレン(東京都港区)が開発した消臭アンダーウェア「デオエスト」だ。

 同社は、2005年に広島大学病院感染症科の大毛宏喜教授の協力のもと、消臭素材の開発をスタート。「ニオイは漂う前に、発生源にもっとも近いところで包み込んで消すのがベスト」という同教授の持論に基づき、排泄やおならのニオイ、加齢や汗など体臭の多様なニオイを瞬間的に消臭する素材を開発することに成功した。

 そのメカニズムは、ナノレベルの特殊セラミックスでニオイを吸着し、金属イオンでニオイを分解するというもので、同社の調査によると臭いの発生から30秒後に汗に含まれるアンモニアを80%以上消臭。100回洗濯しても機能性は維持される。

 デオエストシリーズのアンダーシャツは、着るとヒヤっと冷たさを感じる「涼感」タイプと、通年着られるレギュラータイプの2種類。襟はV首と丸首の2タイプから選べる。ワイシャツの襟ボタンを開けても見えにくいことから人気の「消臭アンダーシャツV首(涼感)」は、グレー、ホワイトベージュの3色。3060円(税込)。

<産経netShop>

「ニュース」のランキング