産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


神戸製鋼所、石炭火力発電を停止 ばいじん濃度が協定超え

 神戸製鋼所は13日、子会社のコベルコパワー神戸(神戸市)の石炭火力発電所「神戸発電所1号機」(同市)を3月23日に停止したと発表した。ばいじん排出濃度が市との環境保全協定値を上回ったため。

 神戸製鋼は、煙を通すダクトの床に小さな鉄さびが堆積し、測定時に巻き上げられたため濃度が上昇したとみている。床を清掃し、機械の腐食部分の交換を進める。再発防止策を含む最終報告書を市に提出した。

 ばいじん濃度はガス1立方メートル当たり0・01グラムの協定値を超える0・011グラムで、法令基準値の0・1グラムは下回っていた。同発電所は、4月1日から7月15日まで定期検査期間に入っており、現在も停止中。再稼働は検査終了後になる。

「ニュース」のランキング