産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


人手不足で“引っ越し難民”問題浮上 引っ越しできても料金高騰か

 運送業界の人手不足で引っ越しができない“引っ越し難民”問題が浮上する中、引っ越しの料金も過去6年間で最高値に上昇していることが、引っ越し比較・予約サイト「引越し侍」(運営:エイチーム)の調査で分かった。

 2017年、単身の全国平均料金は、繁忙期(3~4月)で7万8397円、通常期で5万668円と、直近の5年間で最高に。繁忙期は前年から1万円超の上昇だった。繁忙期と通常期の料金差も拡大した。家族の料金も13万1449円と、前年から約8000円上昇した。

 18年に入り、繁忙期前の1月の時点で、単身が5万1292円(17年比で6156円高)、家族が8万658円(同8304円高)と、前年比で約1割増しとなっており、最高値を更新している状況だ。

 このまま推移すると、繁忙期の3~4月はさらに高騰しそうだ。すでに引っ越しの依頼を断られているケースもあり、早めの見積もりや時期をずらすなどの対応を勧めている。

 調査は、同サイトを利用して引っ越しをしたユーザーを対象に実施した。サンプル数は16万3986件。

このニュースの写真

  • 人手不足で“引っ越し難民”問題浮上 引っ越しできても料金高騰か
  • 人手不足で“引っ越し難民”問題浮上 引っ越しできても料金高騰か
  • 人手不足で“引っ越し難民”問題浮上 引っ越しできても料金高騰か

関連ニュース

「ニュース」のランキング