産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


「かつお節」使ったビール、その味は? 酒税法改正が後押し

かつお節を使った「SORRY UMAMI IPA」 かつお節を使った「SORRY UMAMI IPA」

 ヤッホーブルーイングは3月14日、かつお節を原料に使ったクラフトビール「SORRY UMAMI IPA」を国内で発売すると発表した。コンセプトは「革新的クラフトビール」で、日本の「和」を意識してかつお節を使った。2016年に米国輸出向けに開発した製品を、4月1日から国内でも販売する。

 缶を開けると、フルーツのような華やかな香りが届く。飲んでみると、「かつお節使用」とはあるが、うまみ成分を引き出すために使われているため、頭に思い描いているようなかつお節の味はしない。飲み口はクリーンだがコクがある。アルコール度数は7%だ。

 かつお節ビール発売の背景にあるのは、4月の酒税法改正によるビール定義の拡大だ。これまで「ビール」として売り出せる商品の原料は麦やホップなどに限られており、果物や野菜などを使った酒は「発泡酒」という区分になっていた。海外では「ビール」として売り出されているクラフトビールも、国内では発泡酒の扱いになっていたというわけだ。しかし改正後は使える原料が増え、これまで発泡酒として売り出されてきたクラフトビールをビールとして売り出せるようになる。かつお節を使った本商品もその1つだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「かつお節」使ったビール、その味は? 酒税法改正が後押し
  • 「かつお節」使ったビール、その味は? 酒税法改正が後押し

関連ニュース

「ニュース」のランキング