産経ニュース

【2018春闘】「トヨタ以下で」を問題視 異例のベア非公表、牽引役降りた?

ニュース 経済

記事詳細

更新

【2018春闘】
「トヨタ以下で」を問題視 異例のベア非公表、牽引役降りた?

 ベアは「前年実績の1300円を上回る」ことのみ公表。相場の牽引役を“降りる”意思表示に対し、「(トヨタの具体的なベア)水準が出ないと、(他社が)『あそこまで持っていこう』とならない。共闘の観点からは問題だ」(自動車総連の高倉明会長)と懸念の声も出た。

 ただ、トヨタグループとしては「トヨタを見て自社の回答を決めるという慣習が、各社労使の真剣な話し合いを阻害している」(豊田章男社長)との問題意識がある。グループ各社はトヨタより低い水準のベアで妥結することが多かった。トヨタの決着が遅れた今春闘では、デンソーなどの主要労組が先にベア1500円を獲得。全トヨタ労連の山口健事務局長は「慣習を打破した大きな一歩」と評価した。

 トヨタは今回、ベアだけでなく総合的な処遇改善で賃上げの期待に応えた。

 野村証券の水門善之シニアエコノミストは「トヨタに代わる牽引役は見当たらない。他社も(トヨタ方式に)追随するのではないか」と指摘した。(高橋寛次)

このニュースの写真

  • 「トヨタ以下で」を問題視 異例のベア非公表、牽引役降りた?
  • 「トヨタ以下で」を問題視 異例のベア非公表、牽引役降りた?

「ニュース」のランキング