産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


AIが外貨を自動積み立て じぶん銀行がサービス開始 国内初

 インターネット専業のじぶん銀行は12日、人工知能(AI)で外貨の値動きを予測して積み立てる新たなサービスを始めたと発表した。その月の最安値になる日を判定し、顧客の預金口座から指定の外貨を購入する。AIを活用した外貨の自動積み立ては国内銀行で初めてという。

 外貨や株式など複数の市場の値動きをAIがディープラーニング(深層学習)で蓄積・分析し最安値を導き出す。米ドルやユーロ、オーストラリアドルなど5種類の外貨が対象で、昨年12月以降のテストでは60%台後半の的中率があった。

 じぶん銀は「人間の外貨トレーダーなら的中率5割でプロとして一人前、6割を超えると相当な腕前と言われる中で現状でもいい成績を出している。調整し、さらに的中率を上げたい」(担当者)と意気込む。

 導入の狙いは顧客の裾野拡大だ。外貨積み立ての経験がなく、いつ購入したらいいか分からないと二の足を踏む初心者でも、AIが的確に購入時期を判断すれば参入しやすいと見込む。

 利用者は円と購入外貨の口座を作り、1回当たりいくら積み立てるか設定する。上限は1回1千万円だが、購入額は100円以上なら100円単位の設定ができ、「少額で気軽に始められる」のが売りだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング