産経ニュース

【モノづくり激震~信頼回復の壁~(下)】「ケイレツ」の重圧 過剰品質…不正連鎖の裏に構造問題

ニュース 経済

記事詳細

更新

【モノづくり激震~信頼回復の壁~(下)】
「ケイレツ」の重圧 過剰品質…不正連鎖の裏に構造問題

神戸市中央区の神戸製鋼所神戸本社 神戸市中央区の神戸製鋼所神戸本社

 「競合に競争力で勝るためにも、価格改善をこれだけお願いします」「一生懸命、改善に取り組みます」

 トヨタ自動車が部品メーカーと半年に1回行う部品の価格改定交渉の一幕だ。平成29年度下期の下げ幅は1%未満。トヨタは約3万点の部品からなる車のコスト削減に取引先と一体で取り組み、競争力を磨いてきた。

 トヨタのように、日本では完成車を頂点に部品や素材メーカーが多数連なる「ケイレツ」を構築。長年の取引と信頼関係の下、継続的なコスト削減や品質向上で協力し日本車が世界を席巻する原動力となった。

 だが、神戸製鋼所や三菱マテリアルなど日本を代表する素材メーカーで常態化していた品質不正は、品質の高さで名声を築いた「メード・イン・ジャパン」の信頼性の低下を印象づけた。相次ぎ発覚した不正の背景には何があるのか-。

× × ×

 「ケイレツを支える重圧が一部の現場でムリを常態化させた」。立正大学経済学部の苑志佳教授はこう指摘する。

続きを読む

「ニュース」のランキング