産経ニュース

IP電話、乗り換え容易に…固定電話の番号持ち運び制度拡充 総務省、競争促す

ニュース 経済

記事詳細

更新


IP電話、乗り換え容易に…固定電話の番号持ち運び制度拡充 総務省、競争促す

 総務省が、固定電話の番号ポータビリティー(持ち運び)制度を拡充する方針を固めたことが4日、分かった。光回線を使ったIP電話(光IP電話)の番号を、別事業者のサービスに移行した場合でも継続利用できるようにする。光回線と携帯電話のセット契約「光コラボ」の契約者が、他の光コラボ事業者に乗り換えやすくすることで競争を促す狙い。NTT東日本と西日本が平成37年に、電話回線網からインターネット技術を活用したIP網への移行を完了するのに合わせて拡充する。

 NTTドコモなど携帯電話大手が携帯電話と光回線をセット販売して料金を割り引く光コラボは、携帯電話大手にとって主要な契約者獲得の手段。しかし現状では他社から顧客を奪おうとすると、契約中の事業者が「他の事業者に移ると、光IP電話の番号が変わってしまいます」と牽制(けんせい)することで、契約者の囲い込みが可能になっている。

 事業者を変えても同じ光IP電話の番号を使えれば、競争が活性化し、光コラボ利用者の負担軽減につながる可能性もある。総務省は電気通信事業法改正案を通常国会に提出する。

続きを読む

「ニュース」のランキング