産経ニュース

【平成30年春闘】電機大手労使に聞く 野中電機連合中央執行委員長「消費活性化へ 賃上げ継続を」 中畑日立執行役常務「国際競争念頭 慎重に判断」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【平成30年春闘】
電機大手労使に聞く 野中電機連合中央執行委員長「消費活性化へ 賃上げ継続を」 中畑日立執行役常務「国際競争念頭 慎重に判断」

今春闘の方針を説明する電機連合の野中孝泰中央執行委員長(中央)=25日、横浜市内 今春闘の方針を説明する電機連合の野中孝泰中央執行委員長(中央)=25日、横浜市内

 --東芝とシャープが統一闘争に復帰した

 「大手企業が賃上げしなければ、取引先の中小やグループ会社は賃上げしにくいが、大手が賃上げすれば底支えや底上げになる。苦しい状況から復活し一緒に闘争することで計り知れない波及効果が出てくる。一方で、主要13労働組合の足並みがそろうので、メッセージ性のある回答を引き出す責任の重さも感じる」

 --各社の業績のばらつきが足かせにならないか

 「業績にばらつきがある中で回答を統一するのは大変なことだ。だが、業績の善しあしは一時金に反映させ、月例賃金は社会性の中でどういう水準がいいのか議論するという考え方だ」

 --働き方改革も大きな課題だ

 「人の力をいかに引き出すか、そのための労働環境の整備に取り組むことが本質だ。昨年3月に電機労使で長時間労働是正をはじめとする働き方改革の共同宣言を出したが、社会の価値観を変えていく運動にしていかなければならない」

続きを読む

このニュースの写真

  • 電機大手労使に聞く 野中電機連合中央執行委員長「消費活性化へ 賃上げ継続を」 中畑日立執行役常務「国際競争念頭 慎重に判断」

「ニュース」のランキング