産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新

【春闘】
3年連続ベア要求見送りへ 三菱UFJとみずほ労組

 三菱東京UFJ銀行とみずほフィナンシャルグループの両労働組合は26日、今春闘で、従業員の基本給を底上げするベースアップ(ベア)要求を3年連続で見送る執行部案をまとめた。三井住友銀行の労組もベア要求を見送る方向で検討しており、3労組の足並みがそろう見通しだ。3月下旬にそれぞれ経営側に提案する。

 安倍政権は経済界に対し、今春闘で3%の賃上げを要請しているが、日銀の大規模な金融緩和策で超低金利が長期化。銀行は大幅な経営の見直しを迫られており、3労組はその現状を踏まえた。地方銀行の春闘にも影響が波及しそうだ。

 三菱UFJは新規採用の抑制などを軸に、国内従業員4万人強のうち6千人程度を2023年度末までに減らす。みずほは昨年、26年度末までに約1万9千人の従業員を減らすことを柱とする大規模リストラ策を公表した。

 みずほと三菱UFJはベア要求を見送った上で、年間一時金(ボーナス)は前年度並みを求める。

このニュースの写真

  • 3年連続ベア要求見送りへ 三菱UFJとみずほ労組
  • 3年連続ベア要求見送りへ 三菱UFJとみずほ労組
  • 3年連続ベア要求見送りへ 三菱UFJとみずほ労組

「ニュース」のランキング