産経ニュース

自動運転配車サービス体験してみた! 日産、DeNAが公道実験 行き先も提案 タクシー超える体験

ニュース 経済

記事詳細

更新


自動運転配車サービス体験してみた! 日産、DeNAが公道実験 行き先も提案 タクシー超える体験

配車サービスで呼んだ自動運転車両は、ハンドルが自動で動き、スムーズに右折した=横浜市内 配車サービスで呼んだ自動運転車両は、ハンドルが自動で動き、スムーズに右折した=横浜市内

 日産自動車とDeNAが開発中の自動運転配車サービスを体験してみると、無人車両が公道を行き交う時代もすぐそこまで来ていると感じた。目的地を決めずに、したいことや食べたいものを声で入力し、提案された場所に行くという使い方も可能になる。「無人タクシー」ではなく、これまでにない体験や価値を提供するだけの潜在力はありそうだ。

 まずはスマートフォンで配車。アプリを立ち上げ、例えば「コーヒーを飲みたい」と話すと、複数の店舗が表示される。同じアプリで乗降場所を選び、乗車時間を決めるという一連の設定ができるのは便利だ。何度か予約が確定できないこともあったが、これは同じ時間に車両の使用予定があったから。多くの人が使うためには、相当な数の車両が必要になるとみられる。

 日産本社の駐車場に時間通りに現れた車両に乗り込むと、運転手が手を離していてもハンドルが自動で動き、車両はスムーズに公道へ。一般の車が走るなかでも車線変更や右折は危なげない。「自動走行 公道実証実験中」と記されていなければ、自動運転と気づく人は皆無だろう。後部座席のタブレット端末では周辺の店舗情報が提供され、クーポンをスマホに送ることもできる。自動運転なのでバーや居酒屋へも安心して行ける。

続きを読む

「ニュース」のランキング