産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


コカ・コーラ全株売却へ リコー、560億円で

 リコーは21日、保有する飲料製造・販売大手コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(HD)株式全てを4月に約560億円で売却すると発表した。発行済み株式の約8%分に当たる。事務機の低迷に伴う構造改革の一環で、売却で得た資金は、総額2千億円を投じる計画を立てた企業の合併・買収(M&A)などに充てる。

 リコーは創業者の市村清氏がコカ・コーラボトラーズジャパンHDの前身会社の創業に携わったことで、日本コカ・コーラ(東京)に次ぐ第2位株主となっていた。コカ・コーラボトラーズジャパンHDが22日に始める自社株の株式公開買い付け(TOB)に応じる。

 ペーパーレス化でコピー機などの需要が落ち込み、リコーは昨年4月以降、主に北米で5千人以上の人員を削減した。今後は衣服や建材に図柄を施す商用印刷といった成長分野に注力する。

「ニュース」のランキング