産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


ディズニーの年パスが3月から値下げ、代わりに「使用不可日」を適用

東京ディズニーシーと東京ディズニーランド(奥)=千葉県浦安市 東京ディズニーシーと東京ディズニーランド(奥)=千葉県浦安市

 オリエンタルランドは15日、3月1日以降に販売される東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの年間パスポートについて、新たに「使用不可日」が適用されると発表した。これに伴い販売価格も値下がりする。入園者が多い日の混雑緩和が背景にある。

 3月1日以降に販売される年間パスポートには今年の8、10、11、12月などにそれぞれ2日~4日間程度の入園不可日が設定される。それに伴い、小人からシニアまでの年間パスポート販売価格も2千~4千円程度減額される。「2パーク年間パスポート」(大人)だと、現在の9万3千円から8万9千円に、「東京ディズニーランド年間パスポート」(同)、「東京ディズニーシー年間パスポート」(同)は現在の6万3千円から6万1千円になる。

 2月28日以前に購入された年間パスポートについては入園不可日は適用されない。

「ニュース」のランキング