産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


衣料品のネット通販新会社設立、ソフトバンクとストライプ

 ソフトバンクと衣料品販売のストライプインターナショナル(岡山市)は15日、共同出資会社を設立し、婦人服や紳士服を扱う新たなインターネット通販サイトの運営を始めたと発表した。約600ブランドの約6万点を扱う。3年で約2千ブランドに増やし、大手百貨店と遜色ない品ぞろえを目指す。

 会社名は「ストライプデパートメント」(東京)。ストライプインターナショナルが77・8%、残りをソフトバンクが出資した。衣料品通販業界はゾゾタウン運営のスタートトゥデイなど先行企業がひしめいており、競争が激しくなりそうだ。

 ストライプインターナショナルの石川康晴社長は15日、東京都内で記者会見し、「地方の百貨店が閉鎖に追い込まれている。百貨店のファンが衣料品を買う場所がなくなってきている」と話した。新会社の通販サイトはこうした顧客層の需要に応えられると説明した。

 顧客は一度に3着まで試着を申し込める。

「ニュース」のランキング