産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


東京円、1年3カ月ぶり円高水準 一時106円台前半

 15日の東京外国為替市場の円相場は円が買われ一時、2016年11月以来約1年3カ月ぶりの円高水準となる1ドル=106円台前半を付けた。

 正午現在は、前日比94銭円高ドル安の1ドル=106円46~47銭。ユーロは22銭円高ユーロ安の1ユーロ=132円66~68銭。

 前日発表された1月の米消費者物価指数が市場予想を上回ったことを受け米長期金利が上昇。金利上昇が米経済の成長を抑えるとの思惑から、ドルを売って円を買う動きが広がった。

 15日の衆院予算委員会で麻生太郎財務相が「特別に介入しなければならないほど急激な円高でもない」と発言したことも、円買いを後押しした。

 市場では「日銀の大規模緩和の早期縮小観測が根強いことも、円高傾向の背景にありそうだ」(外為ディーラー)との声が聞かれた。

「ニュース」のランキング