産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


NY株続伸、253ドル高 金融株が上げ主導

 14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日続伸し、前日比253・04ドル高の2万4893・49ドルで取引を終えた。

 朝方は1月の米消費者物価指数が市場予想を上回ったことで米長期金利が上昇。経済への悪影響を警戒する売りが優勢となり、下げ幅は一時150ドルを超えた。その後は買い戻しの動きも出て、利ざやの拡大が意識されたゴールドマン・サックスなど金融株が値を伸ばし、相場全体の上げを主導した。

 投資家の不安心理の大きさを示す「恐怖指数(VIX)」は、不安が強まっている節目とされる20を下回って取引を終えた。終値が20を下回るのは2日以来となり、5日にダウ平均が1175ドル安と過去最大の下げ幅を記録してからは初めて。市場が落ち着きを取り戻しつつあるとの見方も投資家の買いを誘った。(共同)

「ニュース」のランキング