産経ニュース

【経済インサイド】日本の自動車業界で唯一、日産がEVに躍起なワケ

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
日本の自動車業界で唯一、日産がEVに躍起なワケ

 「われわれのEV販売台数は(ルノーなどを含め)メディアが注目する米テスラの2倍だ」

 ゴーン会長は昨年6月の株主総会で、EVのリーディングカンパニーだと力説した。日産と中国の東風汽車集団の合弁会社は5日、2022年までにEVなどの電動車20車種以上を中国に投入する計画を表明した。

 ただ、今年1月末までのEV累計販売は16年に傘下に収めた三菱自動車を含めても54万台にとどまり、ゴーン会長が11年に掲げた「16年度までに150万台」の数値目標は達成できなかった。

 このため日産は、日産・ルノー・三菱自連合を軸に緩やかな協力関係を広げ、電動車など次世代技術の競争力を高めることにも意欲を示す。西川社長は「協力のネットワークを上手くつくれるかどうかが勝負を分けるポイントになる」と気を引き締める。

 日産・ルノー・三菱自連合の17年の自動車の世界販売台数は1060万台。トヨタ(1038万台)を抜き2位に浮上した。首位の独フォルクスワーゲン(1074万台)にも迫っており、EV戦略の成否が首位奪取のカギを握りそうだ。(経済本部 臼井慎太郎)

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本の自動車業界で唯一、日産がEVに躍起なワケ
  • 日本の自動車業界で唯一、日産がEVに躍起なワケ
  • 日本の自動車業界で唯一、日産がEVに躍起なワケ
  • 日本の自動車業界で唯一、日産がEVに躍起なワケ

「ニュース」のランキング