産経ニュース

【ビジネス解読】「人民元」国際化に中国の野心再浮上 メガバンクは関連ビジネスにのめり込んで大丈夫か

ニュース 経済

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
「人民元」国際化に中国の野心再浮上 メガバンクは関連ビジネスにのめり込んで大丈夫か

 日本では、取引所大手コインチェックから約580億円の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題が大きく報じられているが、テザーの信用が失われると、仮想通貨市場に流れるチャイナマネーが細り、ビットコインを含む仮想通貨の価格大暴落を招く恐れもある。そうなれば、元相場の乱高下は必至だ。

 野村証券の郭穎アナリストは1月29日のリポートでこんな分析を示した。

 「(中国への)資本流入拡大に伴う本格的な元高になるには、政治・政策面の正常化期待の回復を待つ必要がある」(経済本部 藤原章裕)

 人民元相場 当局が一定の範囲での値動きだけを認める管理変動相場制をとっている。中国人民銀行(中央銀行)が朝方に発表する基準値を中心に、1日当たり上下それぞれ2%の変動しか認めていない。人民銀は、前営業日の相場などを反映して基準値を設定していると説明するが、詳しい算出方法は不明で、共産党・政府の意向が働いているとみられている。昨年導入した新たな設定方法では、相場の変動があまり加味されずに当局の恣意(しい)的な運用がさらに広がる可能性が指摘されていた。(上海共同)

このニュースの写真

  • 「人民元」国際化に中国の野心再浮上 メガバンクは関連ビジネスにのめり込んで大丈夫か
  • 「人民元」国際化に中国の野心再浮上 メガバンクは関連ビジネスにのめり込んで大丈夫か
  • 「人民元」国際化に中国の野心再浮上 メガバンクは関連ビジネスにのめり込んで大丈夫か
  • 「人民元」国際化に中国の野心再浮上 メガバンクは関連ビジネスにのめり込んで大丈夫か

「ニュース」のランキング