産経ニュース

【コインチェック巨額流出】取引所の新規審査厳格化へ 金融庁、仮想通貨流出で

ニュース 経済

記事詳細

更新

【コインチェック巨額流出】
取引所の新規審査厳格化へ 金融庁、仮想通貨流出で

 仮想通貨取引所大手コインチェックによる流出問題を受け、金融庁が取引所の新規登録についての審査を従来よりも厳格化する検討を始めたことが31日、分かった。顧客資産の安全管理体制などを調べる事前審査を厳しくし、不正アクセスによるリスクをできるだけ排除する。

 昨年4月に施行された改正資金決済法で仮想通貨取引所には登録制が導入された。登録を受けるためには、本申請前に業務体制や業務内容が基準を満たしているか金融庁の審査を受ける必要がある。基準を満たしたと判断された場合に登録が認められる。

 金融庁はこの事前審査を厳しくする方針。金融庁によると現在、登録を受けている仮想通貨取引所は16あり、登録申請中のコインチェックのような「みなし業者」も16ある。みなし業者は法改正前から取引所を運営していた業者で、特例として申請中でも営業が認められている。

 金融庁はみなし業者に対しても、審査基準を厳格に適用していく方針だ。

「ニュース」のランキング