産経ニュース

【コインチェック巨額流出】相場過熱する仮想通貨 各国、高まる規制機運

ニュース 経済

記事詳細

更新

【コインチェック巨額流出】
相場過熱する仮想通貨 各国、高まる規制機運

 仮想通貨をめぐっては、相場過熱で規制強化の機運が高まっている。3月にアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では規制案が議論される見通しだ。日本は「何でも規制すればいいというものではない」(麻生太郎財務相)との立場だが、規制にどう関わるのか注目される。

 「フランスとドイツはビットコインのリスク分析、規制案を3月のG20で提案する」。ロイター通信によると、ルメール仏経済・財務相は18日、仮想通貨の規制を呼びかける方針を表明した。

 これに先立ち、ドイツ連邦銀行(中央銀行)のヨアヒム・ビュルメリング理事は、仮想通貨は「国ごとの規制は限定的で、国際的な協力を通じた規制のみが効果的」と語り、国際規制の必要性を指摘していた。

 このほか、メイ英首相は仮想通貨が犯罪に悪用される恐れがあると指摘。中国や韓国では規制強化が取り沙汰され、世界的に包囲網が作られつつある。

 日本は「利用者保護とイノベーションのバランスを注意しながらやっていかないといけない」(麻生氏)との立場だ。ただコインチェックのトラブルで、規制強化の流れが加速する可能性もあり、利用者や市場は、規制の行方を固唾をのんで見守っている。

関連ニュース

「ニュース」のランキング