産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


仮想通貨取引を一時停止 大手のコインチェック

仮想通貨取引所の運営大手コインチェックの本社が入るビルに集まった利用者ら=26日午後、東京都渋谷区 仮想通貨取引所の運営大手コインチェックの本社が入るビルに集まった利用者ら=26日午後、東京都渋谷区

 仮想通貨取引所の運営大手コインチェック(東京)は26日、仮想通貨の入出金や売買といった取引サービスを一時、停止した。同社は一部の仮想通貨で不明な取引記録があることなどから調査しており、金融庁にも報告した。

 コインチェックは26日午後、インターネット上で、仮想通貨の一種「NEM(ネム)」の入金を制限すると公表。その後、ネムの売買と出金に加え、取り扱う全ての仮想通貨と日本円の出金を一時停止した。

 仮想通貨取引所を巡っては、テックビューロ(大阪市)が今月上旬、不正出金などにより仮想通貨の出金を一時停止し、安定運営を求める声が強まりそうだ。

 国内では昨年、改正資金決済法が施行され、現金と交換する取引所に登録制が導入された。コインチェックは関東財務局に登録を申請中で審査が続いている。

 コインチェックは2012年8月の設立で、東京都渋谷区に本社を構える。ネムに加え、ビットコインやイーサリアムなど計13種類の仮想通貨を扱っている。

「ニュース」のランキング