産経ニュース

29年スーパー売上高、2年連続前年割れ 節約志向根強く、値下げ競争も

ニュース 経済

記事詳細

更新


29年スーパー売上高、2年連続前年割れ 節約志向根強く、値下げ競争も

スーパー店頭で品定めする買い物客。消費者の節約志向は根強い=東京都杉並区 スーパー店頭で品定めする買い物客。消費者の節約志向は根強い=東京都杉並区

 日本チェーンストア協会は25日、平成29年の全国スーパー売上高が12兆9175億円で、出退店の影響を除く既存店ベースでは前年比0・9%減となり、2年連続のマイナスだったと発表した。訪日客の増加や富裕層の購買行動に後押しされる百貨店業界が3年ぶりに売上高を伸ばしたのと対照的に、日常消費の現場では節約志向が根強い。(山沢義徳)

 同協会に加盟する56社約9900店舗の集計。昨年は、28年に高騰した野菜の相場が比較的安かったことに加え、サンマの不漁などから水産品が振るわず、売り上げ全体の約7割を占める食料品が0・5%落ち込んだ。

 過去10年間で売上高が前年を上回った年は、消費税率が8%に引き上げられ、買い控えが起きた翌年の27年だけだ。

 総務省が毎月発表する消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、直近の昨年11月まで11カ月連続のプラスだが、ガソリンなどエネルギー関連の上昇が大きい。チェーンストア協会の井上淳専務理事は「特別な出費に備え、日々の出費を節約する『メリハリ消費』が常態化している」と指摘する。

続きを読む

「ニュース」のランキング