産経ニュース

【リニア談合・大林組社長交代会見詳報(3)】次期社長は新ビジネス主導「土木畑ではない」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【リニア談合・大林組社長交代会見詳報(3)】
次期社長は新ビジネス主導「土木畑ではない」

リニア中央新幹線工事の談合事件を受け、記者会見で辞任を表明した大林組の白石達社長=23日午後、東京都港区(飯田英男撮影) リニア中央新幹線工事の談合事件を受け、記者会見で辞任を表明した大林組の白石達社長=23日午後、東京都港区(飯田英男撮影)

 大林組の社長交代会見に臨んだ白石達社長の受け答えはよどみないが、談合疑惑の詳細に関しては「コメントを控えたい」との発言を繰り返す。同社の司会者が「事件に関する質問にはあまりお答えできない。ご配慮を頂きたい」と報道陣に求めた。

 同社は今回の社長交代と同時に、土木部門を統括する土屋幸三郎副社長が23日付で辞任し、嘱託に就いたことを発表している。その経緯や、再生可能エネルギーなど本業以外の新ビジネス部門を率いてきた蓮輪賢治専務執行役員を次期社長に選んだ理由に関しても、報道陣の質問が相次いだ。

 質疑応答の主なやり取りは、以下の通り。

 --土木部門を統括する土屋副社長の辞任は「一身上の理由」とのことだが

 白石氏「『土木本部の責任者として(捜査を受けるに至ったため)辞任したい』とのことで、淡々と辞表を受け取ったまでだ。昨日の午前中に私の席で辞表を受け取った。1対1だ」

 --辞任の理由をもう少し詳しく説明してほしい

 「捜査を受けた土木部門の責任者として、捜査を受けたこと自体の責任をとって辞任された。(不正に関わったのかどうかは)捜査に関わることなので、コメントできない」

 --蓮輪氏を次期社長に選んだ理由は

 「日本の建設業は難しい状況にある。建設投資は国の人口に比例するが、日本は少子高齢化で、今後の飛躍的増加は見込めない。そうした中でも会社は成長しなくてはならず、今後の大林組の成長を計画・実行できる素養を持った方がふさわしい。蓮輪氏がうってつけだ」

 --蓮輪氏は土木畑出身だが、今回の疑惑も土木をめぐるものだ

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング