産経ニュース

家電見本市「CES」開幕 主役はAI、日産・三菱がベンチャー向け基金設立へ 

ニュース 経済

記事詳細

更新


家電見本市「CES」開幕 主役はAI、日産・三菱がベンチャー向け基金設立へ 

 家電見本市「CES」に参加したパナソニックの展示会場=9日、米ラスベガス(共同)  家電見本市「CES」に参加したパナソニックの展示会場=9日、米ラスベガス(共同)

 世界最大の家電見本市「CES」が9日(日本時間10日)、米ラスベガスで開幕した。電機、自動車、IT企業など過去最大規模の約3900社が出展。日産自動車のカルロス・ゴーン会長は、仏ルノー、三菱自動車と共同で自動運転や人工知能(AI)などで優れた技術を持つ新興企業を対象とするファンドを設立し、5年で最大10億ドル(約1120億円)を投じると表明した。

 ファンドには日産とルノーがそれぞれ4割、三菱自が2割を拠出。第1弾として電気自動車(EV)の走行距離を延ばし充電時間も短縮できる「全固体電池」向けの素材を開発する米ベンチャー企業に出資する。ゴーン会長は記者会見で「外部からの創造力を必要としている」と述べ、先進的な技術やサービスを取り込み、次世代車の競争力を高める考えを示した。

 今回のCESは自動車や家電などで急速に利用が広がるAIが主役となった。ホンダはAI搭載のロボットを中心に展示したほか、江崎グリコはAIスピーカーに食材を伝えると調理法などを答える技術を紹介。AIの進化をいかにビジネスに取り込むかが、企業の成長に向けた課題になっている。

このニュースの写真

  • 家電見本市「CES」開幕 主役はAI、日産・三菱がベンチャー向け基金設立へ 
  • 家電見本市「CES」開幕 主役はAI、日産・三菱がベンチャー向け基金設立へ 
  • 家電見本市「CES」開幕 主役はAI、日産・三菱がベンチャー向け基金設立へ 

「ニュース」のランキング