産経ニュース

【トランプ政権】トランプ氏、ダボス会議出席へ グローバリズムの牙城で「米国第一」を主張

ニュース 経済

記事詳細

更新

【トランプ政権】
トランプ氏、ダボス会議出席へ グローバリズムの牙城で「米国第一」を主張

 【ワシントン=塩原永久】米ホワイトハウスは9日、今月23~26日にスイスで開催される世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)にトランプ大統領が出席すると発表した。米現職大統領の参加はクリントン大統領の2000年以来。

 サンダース大統領報道官は9日の記者会見で、「大統領は米国の企業や労働者を後押しする政策に100%集中している」と述べ、トランプ氏が同会議の場で「米国第一」を訴えるとの見通しを示した。

 スイスの高級リゾートで開かれるダボス会議には企業経営者や学者らが参加。トランプ政権のバノン元首席戦略官兼大統領上級顧問はかつて、同会議をグローバリズム(国際主義)の象徴と位置づけて批判した。温暖化対策や自由貿易などでの国際連携の重要性が打ち出されることが多い同会議の場で、トランプ氏の主張が注目されそうだ。

「ニュース」のランキング