産経ニュース

サンマ、半世紀ぶり不漁 17年、30%減の7万7千トン 資源低迷や海流変化で

ニュース 経済

記事詳細

更新


サンマ、半世紀ぶり不漁 17年、30%減の7万7千トン 資源低迷や海流変化で

銚子漁港で水揚げされるサンマ=銚子市川口町(城之内和義撮影) 銚子漁港で水揚げされるサンマ=銚子市川口町(城之内和義撮影)

 全国さんま棒受網漁業協同組合(全さんま、東京)は5日、全国のサンマの水揚げ量が2017年は前年比30%減の7万7169トンだったと発表した。同漁協に残る資料では、約5万2千トンだった1969年以来ほぼ半世紀ぶりの低水準。水産資源の低迷や海流の変化で、日本近海に群れが集まらなかったことが要因だとみられる。

 品薄になったことで値上がりしており、加工品などを含め、価格面の影響が続きそうだ。

 発表によると、水揚げが最も多い北海道根室市の花咲港は23%減の2万7237トンにとどまり、北海道全体では29%減の3万6378トンに落ち込んだ。岩手県の大船渡港は20%減の1万1088トン、宮城県の気仙沼港は28%減の9676トンだった。

 10キロ当たりの平均単価は30%高い2776円だった。

「ニュース」のランキング