産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


“スマホの次”を担うものは?--通信4社の2018年年頭所感

NTTドコモの吉澤和弘社長 NTTドコモの吉澤和弘社長

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、UQコミュニケーションズの4社が2018年の年頭所感を発表した。

 2017年は大手3キャリアが“攻めた”年だった。ドコモは低価格の「シンプルプラン」、半永続的に月額1500円を割り引く「docomo with」を提供。KDDIも利用するデータ量に応じて料金が変動する「au ピタットプラン」、ギガ単価の安い大容量プラン「au フラットプラン」を提供。サブブランドの「UQ mobile」も好調だ。ソフトバンクはサブブランドの「Y!mobile」を強化。これらの施策が功を奏してMVNOへの流出が減りつつある。

 一方、端末は3社がiPhoneやXperiaを扱い、同質化が進んでいる。ヒット端末の筆頭がiPhoneという状況も変わらない。今後はAI、IoT、ロボットなどの新領域でいかに差別化を図れるかが注目される。2019年~2020年に商用サービス化を予定している次世代通信「5G」の準備も着々と進んでおり、2018年にはさらに具体的なサービス像が見られるかもしれない。

NTTドコモ:beyond宣言の成果をユーザーに届ける

 ドコモの吉澤和弘社長は、2018年は「beyond宣言(2020年以降を見据えたドコモの中期戦略)の成果を続々とお客さまにお届けする年」にしたい、と述べる。

 このbeyond宣言をさらに確実に実行するために、以下の3つを推進する。

 継続的なお客さま還元、1人1人に寄り添った「お得・便利」の提供の実現

 最先端のテクノロジーを活用した、ユーザーや世の中のさまざまなスタイルの革新

 あらゆるユーザー接点を連携させた、安心、快適な利用のサポート

 2018年春にはAIエージェントのサービスを本格提供する予定。また、普及率が6割を超えたスマートフォンへの移行をさらに加速させるために、1月から「ドコモスマホ教室」を拡充する。

続きを読む

このニュースの写真

  • “スマホの次”を担うものは?--通信4社の2018年年頭所感
  • “スマホの次”を担うものは?--通信4社の2018年年頭所感
  • “スマホの次”を担うものは?--通信4社の2018年年頭所感

関連ニュース

「ニュース」のランキング