産経ニュース

白物家電なぜ絶好調? 上期出荷額、過去10年で最高…キーワードは「時短」

ニュース 経済

記事詳細

更新


白物家電なぜ絶好調? 上期出荷額、過去10年で最高…キーワードは「時短」

スティック型掃除機が並ぶ売場=東京都千代田区のビックカメラ有楽町店 スティック型掃除機が並ぶ売場=東京都千代田区のビックカメラ有楽町店

 白物家電が好調だ。平成29年度上期の出荷額は、過去10年で最高額となる1兆2721億円(前年同期比4・6%増)を記録。共働き世帯が増えてきたことを背景に家事の短時間化や省力化につながる家電への買い替え需要が増えており、スティック型掃除機や大型ドラム式洗濯機が市場を牽引(けんいん)する。

「ドラム式」価格は倍近くても…

 日本電機工業会によると、上期の実績は過去10年ほぼ右肩上がりで推移。5半期連続で前年同期を上回った。直近の11月は前年同月比マイナスだったが、通年でも上期のトレンドにほぼ重なりそうだという。量販店のビックカメラ有楽町店(東京都千代田区)の売り場担当者は「楽に家事が片付き、手軽に扱える白物は特に絶好調だ」と話す。

 ドラム式洗濯乾燥機は衣類を入れた後の手間がかからず家事の短時間化に役立つ。パナソニックの容量10キロタイプの機種は洗剤の自動投入機能を備え「洗濯物を入れさえしておけば、乾燥まで済む。スマホでの遠隔操作ができ、帰宅後に衣類をたたむだけ」(ビックカメラ広報)だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 白物家電なぜ絶好調? 上期出荷額、過去10年で最高…キーワードは「時短」

「ニュース」のランキング