産経ニュース

ツイッタージャパン・笹本代表取締役一問一答 利用者急増で改良後手に/ヘイトスピーチ「線引き困難」

ニュース 経済

記事詳細

更新


ツイッタージャパン・笹本代表取締役一問一答 利用者急増で改良後手に/ヘイトスピーチ「線引き困難」

インタビューに答えるツイッタージャパンの笹本裕代表取締役=東京都中央区(飯田英男撮影) インタビューに答えるツイッタージャパンの笹本裕代表取締役=東京都中央区(飯田英男撮影)

 ツイッタージャパンの笹本裕代表取締役との主な一問一答は次の通り。

                    

 --今年は月間利用者数が4500万人超となり、影響力が大きくなっている

 「(ツイッターが)社会の縮図みたいになっている。今年は暗い面が露出することもあり、改善・改良しようとしているが、利用者数の伸びが思った以上に速く、満足するような安心・安全を作り上げられなかったという反省点がある。収益の成長と合わせて、その点は来年へ残された課題だ」

 --座間の事件について

 「僕らも非常に傷つき、責任を持って対応すべきだという危機感がある。利用者の方々の安全を守れるような仕組みを強化していく。自殺は世界中にある問題だが、そうした(願望のある)人たちが頼っていただけるような団体に誘導していきたいと思っている」

 --ヘイトスピーチ(憎悪表現)の問題もクローズアップされた1年だった

 「一つのツイートだけでは(ヘイトスピーチに該当するか)わからないケースがあり、前後の文脈をどう捉えていくのかが非常に難しい。仕組み作りが急務で、チェックする人員を増やした。加速度的に利用者が増えており、そうした検知を人工知能(AI)や機械学習などによる技術と組み合わせることも必要なのだろう」

続きを読む

このニュースの写真

  • ツイッタージャパン・笹本代表取締役一問一答 利用者急増で改良後手に/ヘイトスピーチ「線引き困難」

関連ニュース

「ニュース」のランキング