産経ニュース

20年に「無人タクシー」実現へ 都内の公道で自動運転の実証実験が本格スタート

ニュース 経済

記事詳細

更新


20年に「無人タクシー」実現へ 都内の公道で自動運転の実証実験が本格スタート

 自動運転技術ベンチャーのZMP(東京都文京区)は12月14日、公道を使った遠隔型自動運転システムの実証実験を報道陣に公開した。車両の外から人が遠隔監視を行う方式で、2020年の完全無人タクシー商用化に向けた第一歩という。運転席に人がいない状態の自動運転車が、都内の公道で実験を行うのは初。

 都内の公道で自動運転技術の実証実験を企業に促すため、東京都と国が9月に共同で設置した「東京自動走行ワンストップセンター」の支援下で実施するもの。6月に警視庁が公開した新ガイドラインにより、運転席に人が乗っていなくても遠隔監視で実験を行えるようになった。

 実験に使われるのは、トヨタ自動車のエスティマハイブリッドを改造した「ZMP RoboCar MiniVan」。運転席は無人で、後部座席にオペレーターが乗り込む他、設置された複数のカメラを通した映像などを遠隔地にいる人が監視する。速度は時速50キロ程度。

 ZMPは、14年から愛知県の公道で運転席に人が乗った状態での実験をスタート。その後、東京都文京区やお台場といった交通量の多い場所でも車線変更や交差点右左折などを検証してきたという。今後は、遠隔型自動運転状態でも同様の検証を続けていく。

 ZMPの谷口恒社長は、公道での実証実験について次のように話す。

 「公道で実験を行うのは初めてで、例えばドライバーのアイコンタクトが無くなると、交通にどのような影響を及ぼすのかなど、未知の部分は多い。実際に使う人が安心して乗れないと意味がなく、しっかりと検証したい」(谷口社長)

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング