産経ニュース

日欧EPA発効は英離脱前に 鈴木庸一首席交渉官「見通し高まった」

ニュース 経済

記事詳細

更新


日欧EPA発効は英離脱前に 鈴木庸一首席交渉官「見通し高まった」

鈴木庸一氏 鈴木庸一氏

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉の鈴木庸一首席交渉官は8日、交渉妥結で「英国のEU離脱前に協定を発効できる見通しがかなり高まった」と述べた。英国は2019年3月末の離脱を予定。EPA発効も19年の早い段階を目指している。

 首席交渉官会合を行っていたベルギー・ブリュッセルで日本の記者団に語った。英離脱後のEPAの扱いに関しては「必要に応じて見直すと規定した」と説明。交渉は英国を含めたEUと行ってきたため、「発効前に離脱したら話がややこしくなっていた。透明性が高まった」と指摘した。

 棚上げした投資に関する企業と国家の紛争解決手続きについては、年明け以降月に1度のペースで交渉を続けると表明。ただ、EU内部の立場が固まっておらず「交渉がいつ本格化するかは言えない」と話した。(共同)

「ニュース」のランキング