産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


仕事関係者とSNSで「つながりたくない」人は52.8%

つながっている人の割合 つながっている人の割合

 仕事関係者とSNSで“つながりたくない人”は52.8%--。Sansanの調査でこんな結果が出た。

 理由には「プライベートとビジネスを分けたいから」「友達に話すような内容でも口調を考えないといけないのが面倒」などが多く挙がった。つながりたい人はわずか16.4%にとどまった。

 一方、67.8%の人がSNSで仕事関係者とつながっていると回答。30代では約8割を占めた。つながっているSNSは「LINE」(84.6%)が最も多く、次いで「Facebook」(40.2%)、「Twitter」(19.1%)、「Instagram」(12.1%)と続いた。

 11月17~19日にネット使って調査し、20~60代のビジネスパーソン547人が回答した。

このニュースの写真

  • 仕事関係者とSNSで「つながりたくない」人は52.8%

関連ニュース

「ニュース」のランキング