産経ニュース

日本初の宇宙ビジネスコンテスト、大賞に輝いた女性の思いとは?

ニュース 経済

記事詳細

更新


日本初の宇宙ビジネスコンテスト、大賞に輝いた女性の思いとは?

日本初の宇宙ビジネスコンテスト「S-Booster 2017」(写真提供:松本紋子さん) 日本初の宇宙ビジネスコンテスト「S-Booster 2017」(写真提供:松本紋子さん)

 内閣府、JAXA(宇宙航空研究開発機構)、民間大手企業が実行委員会となり、日本で初開催された宇宙ビジネスコンテスト「S-Booster 2017」。300件におよぶ応募の中から大賞に選出されたのが全日本空輸(ANA)の現役社員である松本紋子さんが提案した、衛星データを利活用した航空機の飛行経路・高度の最適化システムだ。今回は松本さん本人にインタビューした模様をお伝えする。(石田真康)

S-Boosterとは?

 S-Booster 2017は、内閣府、JAXA、ANAホールディングス、三井物産、大林組、スカパーJSATが主催する日本初の宇宙ビジネスアイデアコンテストだ。政府の宇宙政策委員会がまとめた「宇宙産業ビジョン2030」でも言及された宇宙ベンチャー企業数の拡大に向けて、新たなアイデア発掘を目的に実施された。

 2017年6月に書類応募を受け付けて、約300件の応募があった。その後は書類審査が行われて、審査を通過した方々が審査員の前でプレゼンテーションを行い、ファイナリストを選出。ファイナリストはその後約2カ月間、メンターと呼ばれる方々と議論を重ねて、10月30日の最終選考会に臨んだ。最終選考会には、女優の剛力彩芽さん、宇宙飛行士の若田光一さんも訪れるなど華やかな雰囲気で行われた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本初の宇宙ビジネスコンテスト、大賞に輝いた女性の思いとは?
  • 日本初の宇宙ビジネスコンテスト、大賞に輝いた女性の思いとは?
  • 日本初の宇宙ビジネスコンテスト、大賞に輝いた女性の思いとは?
  • 日本初の宇宙ビジネスコンテスト、大賞に輝いた女性の思いとは?

関連ニュース

「ニュース」のランキング