産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新

【ワンタップバイのカンタン投資講座】
債券って何?(2)

 債券は元本の償還と利息の支払いが約束されている投資対象です。それでは債券を買って持っておけば、発行者の財務悪化時を除き、安全な投資となるのでしょうか?

 結論からいえば、償還日(満期)まで保有する前提であれば、その通りといえます。

 ただ、満期まで20年、10年、5年など長い期間の債券を途中で換金できないのは厳しいため売却できる「債券市場」が用意されています。 債券市場では銘柄ごとに毎日、時々刻々と変わる「債券価格」が形成されています。債券価格も株式同様に市場に参加する人たちの需要と供給によって値段が決まっていきます。

 したがって、買った値段よりも値下がりしているときに売却すれば、債券投資でも損失になります。満期まで持てば元本が返ってきますが、満期の前日までの換金については「確定利付き、元本確保」とはいえませんのでご注意を。

 そうはいっても、その性質上、リスクもリターンも低く、債券価格は株価に比べてはるかに安定的な値動きになりますので、ポートフォリオ(資産構成)のリスク調整に用いられます。(三好美佐子)

「ニュース」のランキング