産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


中国の人工知能技術が、米国を追い抜く日は近い?

世界各国が惜しみなく、人工知能の開発に資金をつぎ込んでいます 世界各国が惜しみなく、人工知能の開発に資金をつぎ込んでいます

 特にバラク・オバマ氏が大統領を退任する直前の、2016年12月に発表された文書「Artificial Intelligence, Automation, and the Economy」は注目すべきでしょう。人工知能が及ぼす、雇用を中心とした社会的な影響を網羅し、そのための政策を説明したものですが、オバマ氏の大統領退任スピーチでも、人工知能が経済に及ぼす影響が語られました。

 “次にやってくる経済の混乱は、海外からではありません。容赦ないスピードで進む自動化によって、多くの善良な中産階級の人々は、仕事を奪われることになるでしょう”

 一方、代わったトランプ大統領が、人工知能への投資に本気になれるのかという点については疑問が残ります。2018年度における連邦政府の研究開発は、予算教書によると1177億ドル(前年比マイナス21%)と大幅に削減される見込みです。

 「人工知能の発達は雇用を奪う」といわれる中で、“アメリカ・ファースト”で雇用回復を重視するトランプ政権においては、「研究開発への投資より雇用回復が先」というスタンスになる可能性も高いように思います。

 しかし、それでも投資金額が依然として大きいのは事実。国家の支援という観点では、米国政府は2016年から一気にギアを上げてきたわけですが、その背景には、中国に対する危機感があったといわれています。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国の人工知能技術が、米国を追い抜く日は近い?
  • 中国の人工知能技術が、米国を追い抜く日は近い?

関連ニュース

「ニュース」のランキング